病気や障害があっても
働きやすい職場は、
誰にとっても働きやすい。

企業の皆さまへ

現在多くの企業が休職中の社員とどのように関わったら良いか悩んでいらっしゃいます。 ミライワークでは、休職中の方々に復職のために必要なリワーク支援プログラムを提案しながら フォローアップを行い、治療と仕事の両立を支援します。

多くの企業では、メンタルヘルス不調で休職中の社員に対するサポートに課題を抱えています。休職者1名当たりの年間追加コストは422万円※ともいわれています。ミライワークは、復職支援プログラムをご用意しています。休職中の方のスムーズな復職を支援させていただきます。

※30代後半、年収約600万円、男性が
6ヶ月間休職する場合(内閣府データより)

リワーク支援事業

5

企業のお悩みとソリューション

ミライワークから、ご要望に対して5つの支援をご提案させていただきます。

相談するハードルが高い

休職期間中に休養と
復職準備を両立して欲しい

復職判断が難しい

復職後に再び
休職をしないか心配

コストはかけにくい

①相談するハードルが高い

当社が社外相談窓口の一つとなり、社内相談では打ち明けにくい内容のご相談も承ります。 メンタル不調本人も不安なくご利用可能です。

②休職期間中に休養と復職準備を両立して欲しい

復職に向けてその方に合わせたリワーク支援プログラムを行っています。 トレーニングの状況は会社にも情報提供いたします。

③復職判断が難しい

復職時には本人了解のもと、「勤怠状況、作業時間、睡眠時間」などの 日常的な情報をレポートし、休職者本人の自己理解と企業の復職判断を支援します。

④復職後に再び休職をしないか心配

復職後は、復職された方を継続的に支援いたします。 上司の方などとの面談も可能です。

⑤コストはかけにくい

企業には一切の費用がかかりません。 休職者本人の負担は、国民健康保険団体連合会の公費により、1割負担です。(1日約900円)

IMG_7113

利用者の声

経営者の思い

誰もがいきいきと働くことができる社会を
実現することが、
私たちが目指す未来です。

企業情報

電話:ミライワークへのお問い合わせ 
082-942-5030
 受付時間 9時~17時(日曜除く)

メール:support@miraiwork.co.jp

氏名、電話番号、ご住所、お問い合わせ内容を上記メールまでお知らせください。

WEBhttps://miraiwork.co.jp/ 

広島市西区横川町一丁目7-9

 

【株式会社ミライワーク】

733-0011 広島市西区横川町一丁目7-9

TEL082-942-5030 

FAX082-942-5080

 

【ミライワーク横川センター】

733-0011 広島市西区横川町一丁目7-9第二丸中ビル102

TEL082-942-5030 FAX082-942-5080

JR「横川」駅南口より徒歩7

広島電鉄「横川一丁目」駅より徒歩1分

ミライワーク公式アカウント

友だち追加してメッセージを送ってください。

ミライワークの
復職支援プログラム

d7ca36be59998288e8bd35a67b616dd2

3つのステップをご提案します。

具体的なプログラムを
ご紹介します。

時間プログラム具体例
 9:00~10:00 朝礼、体操、ジョブトレーニング 課題レポート、前回までの振り返り
10:00~12:00 個別プログラムオフィスワーク(PC作業、資料作成)、 認知機能強化トレーニング、アート
12:00~13:00 昼休憩
13:00~15:00 集団プログラム テーマトーク、SST、ミーニング・ノート うつ病エピソード振り返り、運動
15:00~16:001日の振り返りスキルアップ、行動記録、面談
その他(終日)特別プログラム農業体験

企業の皆さまには、大切な社員のメンタルヘルス不調に対する有効な打ち手を講じていただき、事業活動を持続的に成長させるために、ぜひ福祉サービスを利用することをご提案いたします。

企業認定,表彰事業

ダイバーシティ・マネジメントSELECTIONも
毎年開催!

認定・表彰

企業へ広く発信

雇用促進・課題解決

ミライワークでは毎年、「精神障害のダイバーシティ・マネジメントSELECTION」を開催しています。
精神障害のある人に対するスティグマ(偏見)をなくし、誰もがいきいきと働けることができる社会づくりを目指して、
精神障害(精神疾患、発達障害、高次脳機能障害など)のある社員雇用に取り組む企業を認定・ 表彰しています。
精神障害者雇用を通じて、自社の事業成長と社会貢献を目指している企業からの積極的な ご参加をいただいています。