経営理念

マネージメント

誰もがいきいきと働くことができる未来社会の実現に貢献します。

① 自立訓練により復職・再就職を目指すメンタルヘルス不調の方を支援します
② メンタルヘルス不調の方の雇用に取組む企業を支援します

代表取締役

前田裕生

創業の経緯や想い

メンタルヘルス不調者や障害のある人の増加は現代社会の大きな課題です。

メンタルヘルス不調者や障害のある人の増加は現代社会の大きな課題です。この大きな課題を解決するためには、多様性を理解し、お互いが認め合い、メンタルヘルス不調や障害の有無にかかわらず、誰もが安心していきいきと生活できる社会作りが求められています。しかしながら現時点では、多くのメンタルヘルス不調や障害のある方が、家族、職場、友人知人、地域住民など周囲の人からの偏見や誤解などによって、精神的にも肉体的にも孤立して、社会参加ができなくなっています。メンタルヘルス不調や障害の原因は決して本人の心の弱さではありません。精神疾患や障害を理解し、寄り添うことが必要なのです。

私自身は、県立広島大学大学院経営管理研究科(MBA)での学びにおいて、“いつかは障害のある人に関わる仕事がしたい”という思いを持った取締役の前田政登己と出会い、障害福祉サービス事業を知るまで、この問題に気が付くことなく、私自身の中にも偏見や誤解がありました。振り返れば、多くのメンタルヘルス不調者や障害のある人を見過ごしていました。とても反省しています。そして、私は多くの方にこの問題に気が付いてほしいと思いから、会社員を辞めてミライワークを創業しました。ミライワークは、メンタルヘルス不調者や障害のある人の一人一人の話を聴き、寄り添い、それぞれの働きたい思いを支援する立場として、地域の医療・福祉・行政・企業と密に連携させていただき、皆さまのお役に立てるように取り組んでまいります。特に私は自身の企業でのキャリアから、「世の中が変わるためには企業が変わる必要がある」と考えています。

近年では、多様性理解と受容を目指したダイバーシティ&インクルージョンを推進されている企業が増えています。その中で、障害者雇用やメンタルヘルス対策に課題を抱える企業と福祉の新しいあり方を提案し、企業のお力になりたいと思っています。そして、誰もが「精神疾患や障害と必要なケア・配慮」を理解し、メンタルヘルス不調でも障害があっても、安心して社会参加ができる環境が整った、一人一人が大切にされる未来社会の実現を目指します。

取締役

前田政登己

創業の経緯や想い

「将来は障がいのある方に関わる仕事がしたい」

私は、住宅リフォームで創業して27年、今は広島市内、東広島市内を中心に6店舗で営業しています。岡山県津山市の学校を卒業して自動車メーカーに就職し、その後リフォーム業界に転職して現在に至ります。そんな、私がいつか「障がいのある方に関わる仕事がしたい」と思ったきっかけは、私の弟に障がいがあったからです。

社会になじめず、田舎で引きこもりがちだった弟にすでに広島で事業を始めていた私は何も手伝ってあげることができませんでした。19年前のある日、親から一本の電話が入りました。「弟が亡くなった・・・」脳卒中でした。

その後は、「なんで、もっと話を聞いておかなかったのだろうか・・・」と後悔するばかり。「自分にできることはなかったのだろうか」そんな思いから、自然といつか「障がいのある方に関わる仕事がしたい」という思いが芽生えました。

本来は、もっと先の夢でしたが、県立広島大学大学院で前田代表と出会い、この事業を立ち上げることを決意しました。精神疾患を有する方は全国で400万人を超えています。年々増加していますが、このコロナ禍でさらに増加することが予想されています。一人でも多くの方が自立訓練やリワークを通して、社会に関われることを願っています。

ミライワークが実現したい「未来」

誰もがいきいきと働くことができる社会を実現することが、私たちが目指す未来です。現代社会では、他者との関わりにおける多様性の受容が求められています。働くという点では、女性、高齢者、外国人、障害のある人、病気を抱える人、介護と両立する人、など、多様な人材がいきいきと働くためのダイバーシティ・マネジメントが求められています。

ダイバーシティ・マネジメントは、コンプライアンスやCSRに止まらず、組織の持続的な成長のための戦略の一つであり、昨今では多くの組織で認知され、取り入れられている戦略です。ミライワークは、メンタルヘルス不調者や障害のある本人の視座から、生活や就労の支援を通じて、精神疾患や障害に対する必要なケアと配慮を誰もが理解し、組織にダイバーシティ・マネジメントが広く深く浸透した社会の実現に向けて、全力で貢献したいと考えています。

ロゴについて

このロゴは、多様な一人一人の人材を一つの〇で示し、従来の同質性の高い組織ではなく、さまざまな色や大きさ(特徴)の人材がまとまっていることをイメージしています。さらには、働き方も多様化していることから、まとまりから外れている〇も含めて、一つの組織であることを示し、新たな組織の在り方を提案しています。

(デザイン:バリューリングクリエイト本庄恭子氏)

行動指針

  • 私たちは、常に障害のある本人の視座に立ち、行動することに努めます。
  • 私たちは、地域の医療・福祉・行政・企業との連携に努めます。
  • 私たちは、自ら学び、自ら行動し、常に高い目標をもってチャレンジします。
  • 私たちは、スピードとシンプルでわかりやすさを重視します。
  • 私たちは、誠実で高い倫理観をもって行動します。